うつ病の診断をするには病気について知ることが大事

病気のタイプ

医者と患者

うつ病という病気にはいくつかのタイプがあります。それぞれ症状も異なっているので、自分で判断するよりも、専門の医師などに診断してもらうのが適切です。そこで、医療機関などで診断する前にこの病気のタイプについて知っておきましょう。タイプを知っておくことで、自分で勝手に「うつ病ではない」と判断して診断をせずに放置することも防げると言えます。この病気は症状の現れ方でいくつかのタイプに分けることができ、どのような方がどんなタイプの症状を発症させるのかを見ていきましょう。
まずは「大うつ病」というタイプですが、これは生活や仕事、またはそれに関する人間関係などの日常で起こるストレスが原因とされています。気持ちが落ち込んで意気消沈してしまう「抑うつ」や物事に対する興味や意欲、自尊心が低下してしまうなどの「心の症状」、疲れが抜けずに怠さを感じる、睡眠障害などの「身体的な症状」が現れるのです。このような症状が現れた段階で直ぐに医師に診断してもらうのが適切でしょう。現代においてはこの「大うつ病」と呼ばれているタイプの症状が最も多いと言います。こちらの診断はDSM-IVという方法がよく使用されていて、意欲や関心などの喪失状態、食欲不振や睡眠障害、怠さ、過剰な自責感などがほぼ毎日、全ての行動に伴う状態が二週間以上続いた場合はこのタイプと診断されます。そして「双極性うつ病」というタイプは最近でてきたものです。これはその名の通り、躁状態と抑うつ状態が交互にやってくる状態のことを言います。躁状態とは気分が高揚して万能感を感じる状態で、とても活動的になるのです。抑うつの状態の時には大うつと対して変わらない症状が出るため、間違われやすいのが特徴と言えるでしょう。躁状態の時には病気に気付く事ができず、治療が遅れてしまうことがあります。また、近年若い女性に多いのが、「非定型うつ病」です。これは大うつ病とは異なる症状がいくつかあるため、症状を知っていれば早期発見が可能と言えます。この病気の場合は興味のあることに関しては関心や意欲を失いませんが、別で憂鬱な出来事が起こってしまうと気分が落ち込んで意気消沈してしまうのです。また、過眠傾向が見られ、一日に10時間以上眠っても眠気が取れなくなったり、イライラして集中力がなくなり仕事が手につかなくなります。また、夕方から夜にかけてイライラしたり不安が高まる傾向がみられ、無性に甘いものが欲しくなるなど通常の「大うつ病」とは逆とも思える症状が特徴と言えるでしょう。この病気は小さい頃に「良い子」であろうとした人や、差別や喪失体験をした人がよく発症します。他人の顔色を伺い、不安になる人にも多く見られるので心当たりがある方は一度医師に診断してもらうと良いでしょう。この他にもいくつかタイプはあるのですが、大切な事は専門の医療機関などで相談することです。うつ病はこれまで軽視されてきていましたが、最近では立派な病気という認識も広がっています。周りの協力なども得ながら予防や治療していける環境を作っていくことが何よりも大事になると言えるでしょう。