うつ病の診断をするには病気について知ることが大事

早期発見が大切

男性の人形

基本的に病気というものは早期発見して、症状が軽い内に治すことが鉄則です。厚生労働省の調べでは、近年精神疾患を患う人が増えてきていると言います。その精神疾患の中でもうつ病は大きな比率を占めており、精神疾患患者の約3割ほどがこの病気だとされているのです。現代の日本ではうつ病という病気は誰にでも発祥する可能性のある病気と言えます。
最初で説明したように、どのような病気であっても、発症してすぐの症状の軽い段階で治療を施すのが大切です。この病気も定期的に専門の医療機関などで診断してもらうことで、早期発見が可能でしょう。さらに、最近ではインターネットサイトなどで簡単な診断をすることができますので、自信で定期的に診断しておくと病気になってもすぐに気付くことができます。この病気は症状を自覚しにくいのが特徴です。それは病気の症状として「気分が落ち込む」「疲れが溜まる」「やる気が起きない」など日常生活でも誰もが経験する感情の変化が主なものになるからと言えます。その為、「たまたまだろう」「気分が優れないだけ」という風に病気という認識が薄いのです。うつ病はこの症状を放置してしまうと、どんどん状態が悪化していきます。無気力や睡眠不足などの「心の症状」と肩こりや頭痛などの「身体の症状」の二種類がありますが、最初は「心の症状」から始まり、次第に「身体の症状」が出始めてくるので病気が悪化しやすいと言えるでしょう。うつ病は初期段階で専門の医療機関などで診断してもらい、治療しておくことがとても大切なのは症状が悪化すると「思考力の低下」や「意欲と関心がなくなる」からです。この状態になると、物事をしっかりと考えることができなくなり、自分の身体や心の状態を正確に把握することができなくなります。また、行動する為に必要な「意欲」や「関心」がなくなるため状態が悪化して「病気かもしれない」と思っても、医療機関に診断に行く気力がないので、結局はそのまま病気を放置してしまうことが多くなってしまうのです。
また、うつを疑った時にしてはいけない行為がいくつかあります。それは気分を高揚させるためにアルコールを過剰に摂取することです。人間の脳からは生体リズムや神経内分泌物、睡眠などに関係している「セロトニン」という物質が分泌されています。アルコールはこの「セロトニン」を減少させる働きがあり、アルコールの過剰摂取により睡眠不足などの生活リズムの乱れを引き起こしてしまうのです。「気分」に関する物質の分泌を妨げてしまうことで、うつ病はさらに悪化するでしょう。大量の飲酒によって酩酊すると、意識のストッパーが外れてしまいます。この影響で自傷行為を行うようになったり、より深く思い詰めてしまうこともあるので注意です。やはり、医療機関できちんと診断してもらい、専門の医師による指導のもと病気を治療することが必要になります。うつ病の治療には「休養」「薬物治療」「カウンセリング」の3つが欠かせません。この3つの方法を有効的に使いながら治療していくのです。